カテゴリー ‘引き出物’

新しい引き出物(結婚内祝い)の渡し方

水曜日, 12月 16th, 2015

まずは引き出物のマナーを知る

結婚式に参列してくださった方々には必ず引き出物ということになりますが、
このような引き出物というのは、遠方からいらしてくれた方々には荷物になってしまいます。
引き出物というのはご祝儀に対して一つ一つを返していくものですので、まずこの部分の仕組みを把握した方が良いでしょう。

しかし、一つのご祝儀に対して一つの引き出物を返す際にもご夫婦2人で参加してくださった場合には
引出物袋の中身は他の人に渡すものよりもある程度ゴージャスにしておいた方が良いです。

また1人の方が代理で複数人の御祝儀を持ってきてくださった場合には、
その分の引き出物を返すことになりますが、やはりここでも荷物になってしまうことが考えられます。

基本的には受付をした際に引き出物わ、渡す場合や引出物と引き替え券を渡して、
式が終わった後、帰る間際に引き換えてもらうといった方法が主流でしたが、
近年では様々な引き出物の渡し方が普及してきているため、新しい引出物の渡し方を考えてみるのも良いでしょう。

ご祝儀の内容に関わらず参列してくれた方々に引き出物を返すという意味合いで結婚披露宴の翌日には
それぞれの自宅に到着するように引出物を郵送するというのも良い方法です。

そうすれば荷物になってしまうこともなく、遠方からいらしてくださった方々にも迷惑をかけてしまうことがありません。

引き出物とは別のプレゼントも人気

本格的な引き出物に関しては、前述の通り式が終わってから引換券と交換してもらう方法や郵送する方法などで渡すというのが新しい方法になっていますが、
これだけではなく披露宴が終わり会場をあとにしてくださる参列の方々に心のこもったプレゼントをするのも一つの方法になります。

ここでプレゼントするものは決して大がかりなものではなく、シンプルでなおかつ実用性のあるものなどで良いですが、
参列してくださった方々に一言ずつお礼の気持ちを抑えながら手渡しをすることによって感謝の気持ちも伝わりやすくなります。

また会場をあとにする参列者の方々も気分良く会場をあとにすることができるので非常におすすめな方法といえるでしょう。
当日中に引き出物を渡す場合でも引き出物の袋に入っているものはコンパクトなものにまとめておいて、
カタログギフトなどで後からそれぞれの希望するものを注文できるといった形も新しい引き出物の渡し方になっています。

参考サイト:内祝い・お返し・お祝いのギフト通販|大丸松坂屋オンラインショッピング

さまざまな引き出物の渡し方がある中で、やはり参列してくれた方々の負担を考えていかなくてはならないので、
最も負担の少ない方法でなおかつ気持ちが伝わる方法を選ぶようにしましょう。

郵送で送る場合には必ず翌日には到着するように事前の手配をすることが大切です。

A free Wordpress theme by Shivanand Sharma of Binary Turf.