カテゴリー ‘両親’

顔合わせの食事会について

土曜日, 6月 28th, 2014

顔合わせの食事会

結婚というのは夫婦二人だけの問題ではありません。
お互いが家族になるということは、それぞれの家族が親戚同士になるということです。

そのため、結婚式をあげる前に食事会をしてお互いの家族の親睦を深めることが多いと思います。
私の場合、いわゆる顔合わせは彼の家へごあいさつという形で済ませてしまった感はありました。
ただ、別の機会で彼を介してお食事会を設けてもらうことにして、お店でじっくりとお話しました。

食事会は必ずしなくてはいけないことではありませんが、時間があるのであれば、
できるだけ行った方が、これから先の結婚生活を円滑に進められるようになるでしょう。

何か困ったことがあったら、結局頼りになるのは家族や親戚なので、良い関係性を築いておくべきですね。
顔合わせの食事会は、どのような形式で行ったら良いのでしょうか。
基本的に決まった流れなどは無いので、自由に決めてかまわないと思います。
レストランや料亭を利用して、お互いが親睦を深めるための時間が重要なのであって、形式が重要なのではありませんね。

ただし、どちらかの両親が伝統を尊重するタイプの方であれば、そちらを優先してあげましょう。
伝統やしきたりに縛られたくないという方もいると思いますが、とりあえずは従っておいた方が無難だと思います。
結婚をしてすぐに何らかの問題を起こしたり、どちらかの家族や親戚に対して悪い印象を与えてしまうよりは、
良い関係性を築くための努力をしておきましょう。

スケジュール管理

食事会を開くのであれば、まずはスケジュールを管理する必要があります。
特にどちらかの実家のある場所が遠くはなれているような場合には、
なかなか時間を設けることが難しくなるケースも多いはず。

顔合わせの会場としては、今でも料亭が一番人気が高いようです。
できるだけ早くに予約を済ませておいた方が良いでしょう。

食事会の際の座り方には注意をしておく必要もありますね。
男性の父親が上座に座るべきでありますが、
絶対的な決まりがあるわけではなく、その場の雰囲気に従いましょう。
食事会の際には、婚約記念品を贈り合うケースが多いです。

しかし、最近はそこまで形式張ったことを行うケースは少なくなっています。
食事会で一番大切なのは会話ですが、その際には、無難な話題に終始するようにしましょう。

くれぐれも場の雰囲気を壊すような話題を出すことは止めておいてくださいね。
せっかくの結婚への祝福ムードが台無しです。

顔合わせの際の費用に関しては、どのようにして支払いを済ませるのかをあらかじめ打ち合わせしておいた方が良いでしょう。
その場でお金を出し合うのか、まとめて支払い、後で精算をするのか決めておくと安心。

また、宿泊費や交通費などがかかる場合も、細かいことは事前に相談しておいたほうが良いです。

A free Wordpress theme by Shivanand Sharma of Binary Turf.