婚約指輪のアレンジ

婚約指輪はダイヤモンドのリングというイメージがかなりあります。
でも特にダイヤモンドを利用しなければエンゲージリングにならないという事はなく、
どんな石を利用しても、また石事態を利用しなくても構いません。

ただ現代の日本では、婚約指輪というと、やはりダイヤモンドのリングというイメージが定着していることで、
頂く側の女性としてもダイヤモンドを期待しているところはあります。

婚約指輪を頂くのなら、他の人と同じような物じゃなくて特別なものがいい、
と思う女性も少なくありませんが、そんな女性たちに注目されているのがシークレットストーンです。

シークレットストーンが入ったリングなら、自分の婚約指輪であることをしっかり証明できますし、
彼の方も彼女の方もよりリングに対する思い入れが強くなります。

ふたりだけの秘密の石

シークレットストーンは直訳すると秘密の石、
この意味通り、婚約指輪に秘密の石を埋め込むというものです。

例えば誕生石、また思い出の石、彼と彼女の両方の誕生石を埋め込むというのもいいでしょう。

婚約指輪にも結婚指輪にもシークレットストーンが利用されていますが、
彼がプロポーズしてくれた日とか、結婚記念日の月に対する石が利用されることが多いようです。

シークレットストーンはエンゲージリングにみられるように、
ダイヤモンドがリング中央にどーんと立爪で収まっているという事ではなく、
リングの内側にひっそりと隠されている石なので、他の人に見られることもなく、
まさしく、彼、彼女、ご夫婦の秘密の石なのです。

なぜシークレットストーンを利用するのか

シークレットストーンを利用するのは想いを特別なものとしたいというカップルの気持ちです。
女性に婚約指輪を贈るという事、それは男性が女性と共に人生を歩みたいと強い決心のもと、行われることです。
自分の思いが誰よりも深い事、強い事、そして、永遠に離れない夫婦となる誓いを立てるといった意味で利用されています。

だからこそ、二人にとって大切な結婚記念日となる日や、
プロポーズの日の月の石を利用し、2人のイニシャルを刻印したりするわけです。

シークレットストーンが流行し始めたころは、結婚指輪用のサービスという事で行われてきたのですが、
後に、結婚指輪と同じように大切な指輪、婚約指輪にもシークレットストーンで思いを強く伝えるという事が行われるようになったのです。

一生に一度、男性が女性に永遠の愛を伝え、
共に人生を過ごしてほしいと願う時、婚約指輪の中でも人にはないアレンジを加えたエンゲージリングなら、強く熱い思いが伝わるでしょう。

シークレットストーンを利用して特別な婚約指輪を作るということ、
これからプロポーズされる方にもおすすめです。